審査委員

海老 彰子

審査委員長 海老 彰子

第1回 Shigeru Kawai国際ピアノコンクールが幕開けすることになりました。前身のカワイ音楽コンクールSコースを経て、今年から国際コンクールと銘打って世界に広く応募を募ります。多くの若い日本人ピアニスト達と共に国際色豊かな若人が集う、充実した音楽祭典となることでしょう。
物事の多くがコンピューター化され、そのお蔭で便利な社会を享受している私達ですが、コンピューター任せには絶対に出来ない貴重な人間の営みのひとつである音楽演奏。音楽を通して人々はその精神生活がより豊かなものとなりますが、音楽は人の友。コンクールを「出逢いの場」として捉え、消去法として考えるのではなく自己研鑽のまたとないチャンスとして大いに活用して戴きたい、と思います。
自分と音楽との出逢い、コンクール舞台上で展開される自分の演奏と未知の聴衆との出逢い、コンクールに参加する同世代ピアニストとの出逢い、自身の未来への道を探求する出逢い、様々な豊かな出逢いを求めて、挑戦される事を大いに応援します。創立90周年にあたる河合楽器製作所の絶大な支援に依って開催されるこのコンクール、各方面からの皆様のご協力にも深く感謝を捧げます。

プロフィールを見る

審査委員長 海老 彰子

審査委員長 海老 彰子

ピアニスト

第41回日本音楽コンクール優勝後、パリ国立高等音楽院に留学。ロンティボー、ショパン各国際コンクール上位入賞。日本ゴールドディスク大賞2回等多数の受賞歴を持つ。共演した演奏家の数も多く、なかでもアルゲリッチとの2台のピアノの共演模様は世界各国で繰返しTV放映された。

独奏や各国オーケストラとの共演、CD録音・TV・ラジオ出演等、世界32ヶ国で長年に亘り演奏活動を展開中。浜松国際ピアノコンクール審査員長やショパン国際ピアノコンクール審査委員も務める。 近年は国際的に音楽家の育成にも尽力し、世界の音楽界からも信任が篤い。

審査委員 石井 克典

審査委員 石井 克典

ピアニスト、東京音楽大学教授

国内外のオーケストラで協奏曲のソリストを務め、近年は、毎年ヨーロッパ各地の国際音楽祭に招かれ、協奏曲のソリスト、リサイタル、マスタークラスなどを行っている。カリフォルニア国際コンクール、第3回アセアン・ショパン国際ピアノコンクール、第80~82回日本音楽コンクール等で審査員を務める。浜松国際ピアノコンクール運営委員、専門委員を歴任。東京音楽大学教授。

審査委員 三上 桂子

審査委員 三上 桂子

ピアニスト、桐朋学園大学名誉教授

桐朋学園高校在学中に日本音楽コンクール第1位、その後パリ国立高等音楽院、ニューヨークのジュリーアード音楽院で学び、海外でも高い評価を受ける。プラハ、ライプツッヒ、ニースなどでの夏期講習に講師として招かれ、桐朋学園のピアノ科主任教授を5年間務めた後、現在同大学名誉教授として後進の指導に当たっている。

審査委員 エヴァ・ポブウォッカ

審査委員 エヴァ・ポブウォッカ

ピアニスト、フレデリック・ショパン音楽大学教授、
ビドゴシチ国立音楽アカデミー教授

現在のポーランドを代表する傑出したピアニスト。優秀な成績で現在のグダニスク音楽院を卒業後、コンラード・ハンゼン、タチアナ・ニコラーエワ、マルタ・アルゲリッチ等に師事。ヴィオッティ国際コンクール、ボルドー国際コンクール、ショパン国際コンクールなど数々のコンクールで入賞。世界各地の主要コンサートホールにおいて公演を行っている。
優れた教育者としてビドゴシチ国立音楽アカデミー及びフレデリック・ショパン音楽大学で教授を務める傍ら、世界各地でマスタークラスを実施。
ショパン国際ピアノコンクール(2005, 2015)、浜松国際ピアノコンクール(2012)、仙台国際音楽コンクール(2016)など、多くの国際ピアノコンクールの審査委員も務めている。

審査委員 坂井 千春

審査委員 坂井 千春

ピアニスト、東京藝術大学准教授

東京藝術大学付属音楽高等学校から同大学院修士課程終了。ロータリー奨学金を受けて渡欧。ブリュッセル王立音楽院とパリエコールノルマルでコンサーティストディプロム取得。マリアカナルス、ポルト、ロンドン国際コンクールで優勝後、各地でコンサートを行う。出光音楽賞受賞、青山音楽賞受賞。現在、東京藝術大学で後進の指導にあたる。

審査委員 ホアキン・ソリアーノ

審査委員 ホアキン・ソリアーノ

ピアニスト、マドリード王立音楽院教授

バレンシア音楽院のL. Magenti教授の下で学習を開始。後にパリ国立高等音楽院のヴラド・ペルルミューテル教授、ウィーンのアルフレート・ブレンデル等に師事し、アリシア・デ・ラローチャのマスタークラスも受講。
ナポリ”Casella”国際コンクール2位、ハエン国際ピアノコンクール1位、ヴィオッティ国際ピアノコンクール 1位等、数々のコンクールで輝かしい成績を収め、スペイン国王フアン・カルロスから芸術金メダルを授与された。
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、マドリード、バルセロナ、RAI、ORTF、RPO、モンテカルロ、ニュー・ヨーク、ロンドン・チェンバー・オーケストラ等の著名オーケストラと共演し、世界の著名コンサートホールで公演を実施。また彼が結成した“トリオ・デ・マドリード”は欧州、米国、南米でコンサートツアーを行っている。
現在マドリード王立音楽院の教授並びに王立アカデミーの一員。教授としての活動と同時に、ハノーファー、浜松、モスクワ音楽院、ニューヨークのジュリアード音楽院等幅広い地域でマスタークラスを開催している。