ShigeruKawai国際ピアノコンクールについて

ShigeruKawai国際ピアノコンクールについて ShigeruKawai国際ピアノコンクールについて

Shigeru Kawai 国際ピアノコンクールは、1967年から小・中学生を対象とした音楽コンクールを開催してきた(株)河合楽器製作所が、
次世代を担うピアニストの発掘・育成を目的として、満を持して開催する国際コンクールです。
16歳~26歳までを対象として、全世界から個性あふれる多彩な才能が集うコンクールを目指してまいります。
近年多くの著名コンクールで公式ピアノとして活躍する Shigeru Kawai の名を冠した当コンクールは、
予選会からファイナルまで Shigeru Kawai ピアノを使用。
課題曲は、ピアニストとしての資質・能力を総合的に審査するため、予選会~セミファイナルではバロックから近代に至る各時代の課題を設定。
ファイナルでは自らの着想でプログラムを構成いただき、聴衆を感動に導くことのできる演奏力を問います。
当コンクールが世界を目指すピアニストのための有意義な試金石となり、数多くの素晴らしい才能が巣立っていくことを願っています。

代表取締役会長兼社長 河合 弘隆

代表取締役会長兼社長 河合 弘隆

「世界一のピアノをつくりたい」という創業者河合小市の熱い思いが"夢"のはじまりでした。
「"最高の演奏"は、優れたピアノ、ピアニスト、調律技術者が揃って初めて可能になる」という2代目社長河合滋の強い想いが、
グランドピアノ専門の竜洋工場建設、優れた調律技術者を育てる資格制度「MPA」の制定等々、革新的な構想を次々と実現し、
そして1999年「Shigeru Kawai グランドピアノ」は誕生しました。
現在、数々の国際コンクールで公式ピアノとして採用され、世界の一流ピアニストから高い評価を受けるShigeru Kawai。
その誕生は、カワイのピアノづくりへのたゆまぬ努力、創意、自信、意思、誇りが結実したものでした。
当社は、創立90周年の節目を迎える2017年に、Shigeru Kawaiの名前を冠した国際コンクールをスタートいたします。
私どもの"夢"の結晶であるShigeru Kawaiが、次世代を担う世界中のピアニストたちによって"最高の演奏"を奏でることを
願ってやみません。

小林 仁

小林 仁

第1回 Shigeru Kawai国際ピアノコンクールに寄せて

約2年間の準備期間ともいうべきプレコンクールの経験を基本として ここに 満を持して Shigeru Kawai国際ピアノコンクールを開催の運びとなりました。このコンクールは世界から才能溢れるピアニストの研鑽の場として、さらにすぐれたピアニストを世に送り出すことを目的としたコンクールであります。
使用するピアノは最新の技術を結集した すでに世界で定評のあるShigeru Kawaiのコンサートグランドを使用し、基本的なレパートリーに加えて、参加ピアニスト独自の得意分野もいかせるような バランスのとれた課題曲の構成となっております。すでに2回のコンクールでは、何人かのピアニストが感動的な演奏をきかせてくれており 、さらなるレベルの向上が期待されております。
多くの若い才能あるピアニストが参加されることを願ってやみません。